30超え無職童貞借金苦のゲーム開発

日々、学習したことを記録として残していきます

デッサン

プロのデザイナーになる為の第【8】歩

投稿日:2017年5月5日 更新日:

 

 

【感想】

かろうじて顔だと分かる様に出来たかなというところです。

徐々に顔が浮かび上がってきて「おおっ!」となりました。

また、陰影で立体感が出せることが実感できました。

個人的に口元はよく立体感が出せてると思います。

 

・反省点

まず下塗りした後にティッシュでぼかさなかったのが失敗しました。

画用紙に対して階調がうまく付けられなくてこれは技術が必要だなと感じました。

紙質が凸凹しているせいか、真っ黒にすることが出来ませんでした。

 

 

-デッサン
-

執筆者:


comment

関連記事

プロのデザイナーになる為の第【5】歩

決定版 脳の右側で描け   ネガスペースを意識して描く     自分にしてはなかなかうまく描けたのではないかと思います! 反省点としては、 イスの間のネガスペースは描くの …

プロのデザイナーになる為の第【4】歩

決定版 脳の右側で描け   前回に続きピクチャープレーンを使い手のデッサンをしました。     【反省点】 ・途中で技法にとらわれてしまった。 (鉛筆の持ち方や線の引き方 …

プロのデザイナーになる為の第【1】歩

仕事も決まり、これからプロとしてデザイナーを目指すにあたり記事のタイトルを変更しました。 一応、同人ゲーム製作とは別枠の考えでいます。   今まで絵を描くことに対していろいろと迷走していまし …

プロのデザイナーになる為の第【7】歩

決定版 脳の右側で描け     【感想】 自己評価としては全然ダメです。   失敗した点は、 基本ユニットを大きく書きすぎた為、顔が大きくなりすぎて 肩のサイズが寸詰まり …

プロのデザイナーになる為の第【3】歩

決定版 脳の右側で描け   純粋輪郭画法を用いて手のしわを書く方法をやってみました。   本には、 「すべてのシワを描くこと」 「目で追うスピードと鉛筆を動かすスピードを一緒にしな …

最近の投稿

最近の投稿
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。