30超え無職童貞借金苦のゲーム開発

日々、学習したことを記録として残していきます

デッサン

プロのデザイナーになる為の第【5】歩

投稿日:2017年4月25日 更新日:

 

ネガスペースを意識して描く

 

 

自分にしてはなかなかうまく描けたのではないかと思います!

反省点としては、

イスの間のネガスペースは描くのに抵抗ありませんでしたが、

フレーム(外枠)とイスの間のネガスペースは意識できませんでした。

結果、イス自体のエッジを追って描くことになってしまいました…

 

フレームを意識出来るようにするのが課題ですね!

今回のデッサンでは、

ネガスペースを描けば複雑なモノを描く助けになるという事は実感出来ました。

 

 

-デッサン
-

執筆者:


comment

関連記事

プロのデザイナーになる為の第【2】歩

決定版 脳の右側で描け   前回に引き続き逆さ模写です。     作業中に感じたことですが、 「何故、こんな無意味なことをやっているのか?」 という考えが働いて何度も鉛筆 …

プロのデザイナーになる為の第【1】歩

仕事も決まり、これからプロとしてデザイナーを目指すにあたり記事のタイトルを変更しました。 一応、同人ゲーム製作とは別枠の考えでいます。   今まで絵を描くことに対していろいろと迷走していまし …

プロのデザイナーになる為の第【6】歩

決定版 脳の右側で描け   目測(鉛筆で図る)の必要性 目で見ても無意識的に実際のものより大きいとか小さいとか誤認している。 本当の意味で目で見たありのままのサイズで描くために必要 &nbs …

プロのデザイナーになる為の第【3】歩

決定版 脳の右側で描け   純粋輪郭画法を用いて手のしわを書く方法をやってみました。   本には、 「すべてのシワを描くこと」 「目で追うスピードと鉛筆を動かすスピードを一緒にしな …

プロのデザイナーになる為の第【7】歩

決定版 脳の右側で描け     【感想】 自己評価としては全然ダメです。   失敗した点は、 基本ユニットを大きく書きすぎた為、顔が大きくなりすぎて 肩のサイズが寸詰まり …

最近の投稿

最近の投稿
2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。