30超え無職童貞借金苦のゲーム開発

日々、学習したことを記録として残していきます

デッサン

プロのデザイナーになる為の第【1】歩

投稿日:

仕事も決まり、これからプロとしてデザイナーを目指すにあたり記事のタイトルを変更しました。

一応、同人ゲーム製作とは別枠の考えでいます。

 

今まで絵を描くことに対していろいろと迷走していましたが、

「絵を描く=形を捉える」

という結論に達したので、デッサンの練習を始めることにしました!

 

といっても、

「上手く描けるようになる」

事が目的ではなく、

「形を正確に捉えることが出来るようになる」

事を目的としています。

 

動機は一応、デザイナーとして仕事に関わっていくことになるので

観察力は必要不可欠だと思ったからです。

 

CBの違いがわからないといった事を避けるためにも…です。

 

 

2年前に購入して途中で止めてた本ですw

 

絵を逆さにすることで、各部位を意識して描くのではなく

「目で見たありのまま模写する」という方法です。

たしかに、あれこれ考えずにただ見たままに線を引いたほうが良いという結果になるという感覚は掴めました。

ちゃんと見ているようで、自分でも気づかない内に実は簡略化して見てるということが分かりました。

 

ちなみに、2年前に実践した結果はこちら

-デッサン
-

執筆者:


comment

関連記事

プロのデザイナーになる為の第【4】歩

決定版 脳の右側で描け   前回に続きピクチャープレーンを使い手のデッサンをしました。     【反省点】 ・途中で技法にとらわれてしまった。 (鉛筆の持ち方や線の引き方 …

プロのデザイナーになる為の第【6】歩

決定版 脳の右側で描け   目測(鉛筆で図る)の必要性 目で見ても無意識的に実際のものより大きいとか小さいとか誤認している。 本当の意味で目で見たありのままのサイズで描くために必要 &nbs …

プロのデザイナーになる為の第【2】歩

決定版 脳の右側で描け   前回に引き続き逆さ模写です。     作業中に感じたことですが、 「何故、こんな無意味なことをやっているのか?」 という考えが働いて何度も鉛筆 …

プロのデザイナーになる為の第【8】歩

決定版 脳の右側で描け     【感想】 かろうじて顔だと分かる様に出来たかなというところです。 徐々に顔が浮かび上がってきて「おおっ!」となりました。 また、陰影で立体感が出せる …

プロのデザイナーになる為の第【5】歩

決定版 脳の右側で描け   ネガスペースを意識して描く     自分にしてはなかなかうまく描けたのではないかと思います! 反省点としては、 イスの間のネガスペースは描くの …

最近の投稿

最近の投稿
2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。